芳林堂書店が倒産。太洋社廃業の影響で「町の本屋さん」が続々と閉

首都圏で10店舗を展開する書店チェーン「芳林堂書店」が2月26日、東京地裁に自己破産を申し立て、破産手続き開始決定を受けた。帝国データバンクなどが報じた。負債は約20億円。事業は書泉に譲渡することで合意しているという。

戦後まもなく創業。1971年にはJR池袋西口に芳林堂ビルを建設し、旗艦店となる池袋本店をオープンした。その後は都心や埼玉県内を中心に店舗を増やし、高田馬場店やマンガ専門のコミックプラザなど10店を運営していた。

99年8月期には年売上高約70億5000万円をあげていたが、長引く出版不況と相次ぐ競合大型店の出店から売り上げの減少が続いていた。2003年には同社のシンボルだった池袋本店を閉店し、翌年にはビルも売却した。業績はその後も回復せず、2015年8月期の年売上高は約35億8700万円と、全盛期の半分程度までダウンしていた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中