ごろつき中国人が経営するアマゾン ジャパン   ブラック企業の代名詞

アマゾン ジャパンは、極めて下劣な中国人社長が経営する会社で、いわゆるブラック企業です。離職率は年間30%から40%とも言われ、荒廃した企業カルチャーは、しばしば新聞沙汰になります。違法な児童ポルノを販売していた事件も記憶に新しいですが、すべて倉庫勤務の派遣社員に責任をなすりつけて終わりです。(倉庫の作業員が児童ポルノを仕入れている訳ではないですよね。明らかに。) 最近はフォルクスワーゲンの不正事件が話題になっていますが、アマゾン ジャパンは経営者ぐるみのブラック企業という点で、悪質度は同じです。

———-

アマゾン社員「退職を事実上強要された」 救済申し立て
インターネット通販大手アマゾンジャパン(本社・東京都目黒区)の男性社員が「退職を事実上強要された」として、男性が加盟する東京管理職ユニオン(東京都渋谷区)が東京都労働委員会に対して救済を申し立てた。会社が誠実に団体交渉に応じるよう求めている。

9月24日付。申立書によると、男性はカメラマンで、2011年10月に正社員として採用され、主に商品の写真撮影を担当していた。15年2月に上司から、仕事ぶりが期待に達していないと指摘され、「退職するか業績改善プラン(PIP)を受けるかしかない」と迫られた。上司は「PIPは退職のためのプログラム。自分なら選ばない」と話した

ユニオンによると、PIPが適用されると、会社が求める水準が達成できなければ、降格や解雇などの処分を受けることに同意するよう求められる。難しい課題を与えられて、退職に追い込まれる例があるという。男性はユニオンに加入。退職を避けるためにPIPを受けることにしたが、「降格・減給には応じない」と申し入れて交渉を続けている。

アマゾンジャパンの広報担当者は「個別の件についてはコメントを控える。労働法を順守して営業活動をしている」としている。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中